「結局、iPhoneの1人勝ち」 スマートフォン市場という記事より。

BCNの調査によると、携帯電話市場に占めるスマートフォンの台数構成比が7月、20%を超えた。

iPhoneなどのスマートフォンを持っている人を電車などで見かける‥‥というか、かなりの数なのですが、いよいよ携帯電話市場に占める台数構成比において、スマートフォンが20%を超えたようです。

つまり、5人に1人はスマートフォンということですよね。

7月に20%を超えたということで、これは「iPhone 4」による影響だそうです。さらに「iPhone1人勝ちの状況が続いている」とも伝えられています。

スマートフォンの台数構成比は、08年から徐々に上昇。09年7月には12%、10年7月には22.6%となった。

もうそろそろ25%くらいになっていたりして‥‥?

OS別では「Xperia」「HTC Desire」が発売された10年4月のみ、AndroidがiOSを抜いたが、5月にはiOSが再び逆転。8月はiOSが7割、Androidが2割と大きく差を付けている。

日本ではまだまだ「iOS」が強いようです。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。