アップル、「iOS4」のパフォーマンスで調査開始という記事より。

これは、同社公式フォーラムで数週間にわたって批判が続いていることや、無数の Blog が iPhone 3G ユーザーに iOS 4 へのアップグレードを行なわないようアドバイスしていることを受けた動きだ。

少し前のニュースですが、AppleがiPhone 3GのOSを「iOS 4」にアップデート下際に、パフォーマンスが低いという問題についての調査を開始したようです。

確かに、iPhone 3Gに「iOS 4」をインストールすると、あきられるほどにスピードダウンしてしまうのは、ぼくも経験しました。

iPhone 3G は、iPhone 3GS や iPhone 4 で採用されているマルチタスクをサポートしていないため、iOS 4 の利用に適していないことについては Apple も当然承知していた。

「iOS 4」の全ての機能を利用できないまでも、それなりに使えるスピードになると良いのですがね。

iPhone 3Gのスピードが遅くなってしまった場合に、ハードリセットするという方法も広く知られるようになりました。

■関連記事

アップル、iPhone3Gの新OS不具合で調査

問題をさらに複雑にしているのは、携帯電話のOSをいったん新しいものに更新した後に、元のものにダウングレードするのは簡単ではないと いうことだ。一部のブログではその方法が公開されているが、アップルのサポートの対象外だ。また工場出荷時の状態にリセットすると、保存されていた情報が消えてしまう。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。