2010-07-13_1453.png

iPhoneをデスクトップにマウントし、他のファイルと同様にファイル操作できる「Phone Disk」というソフトを試してみました。

Lifehacking.jpのiPhone/iPad を Mac にマウントできる Phone Diskで知りました。

iPhone Exploror の場合、ファイルをやりとりするインターフェースが若干不自由な面がありましたが、Phone Disk では iPhone / iPad はふつうに Mac 上のディスクとしてマウントされます。

ぼくも全く同じ「iPhone Exploror」を利用していたのですが、確かに若干使いにくさみたいなものがありました。なので早速「Phone Disk」を試してみた次第です。

まずはインストールから。

2010-07-13_1412-1.png

2010-07-13_1412-2.png

2010-07-13_1412-3.png

2010-07-13_1412.png

2010-07-13_1413.png

ソフトをダウンロードし、指示に従ってインストール作業をするだけなので難しくないでしょう。

起動すると、下記のような画面が表示されます(もちろんiPhoneはケーブルで接続しておいてくださいね)。

2010-07-13_1421.png

チェックを外し、毎度の表示を消すことも可能です。

2010-07-13_1422.png

↑こちらは設定画面です。

・Mac起動時に「Phone Disk」を起動するかどうか
・デスクトップに「Phone Disk」を表示するかどうか

といった設定が可能です。

実際にFinderから見ると、このような感じになります。

2010-07-13_1423.png

丸っきりiPhoneがデスクトップに、外部ディスクとしてマウントされている感じですね。デスクトップにマウントされているので、例えば写真などの取りだしも非常に簡単です。素晴らしい!

さらに素晴らしいのは、2010年9月1日まで無料のキャンペーン中という点です。

2010-07-13_1505.png

サイトのトップページに↑のようなアンロックのためのレジストレーションコードが記載されているので、それをメニューバーのアイコンから登録すればOKです。

2010-07-13_1456.png

通常は10ドルらしいのですが、この便利さ簡単さだったらレジストレーションコードを購入しても良いな、と思いました。

なおiPhoneだけでなくiPad/iPod touchにも対応しているとのことです。「Phone Disk」自体もMac版だけでなくWindows版もあります。