白いiPhoneはなぜ作りにくいのかという記事より。

いくつかの理由が考えられる。まず、白い機種の需要にアップルが不意を突かれた可能性がある。「製造上の困難」は失態を取り繕うための表現かもしれない。

「iPhone 4」ホワイトモデルの出荷が遅れていますが、その理由は明らかにされていません。あくまでも予想するしかないのですが、それを予想している記事です。

新型iPhoneの表面にはアルミニウムを含んだ「ゴリラガラス」が使われており、それが犯人かもしれない。ガラスには傷が付きにくくするイオン交換処理を施してあり、白色はそうした処理との相性がよくないと推測する人もいる。

実際のところはどうなのでしょうね。

予想してみたところで「iPhone 4」ホワイトモデルの出荷が早まる訳ではないのですが、黒は大丈夫なのに白がダメという理由は気になります。

iPhone 4のブラックとホワイトの違い - MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)によれば、

ブラックとホワイトモデルとでは、フロント部分の通話用スピーカー上部にある環境光センサーのための処理が異なっているようです。

ということで、もしかするとこうした違いが生産の遅れに影響している可能性は‥‥あるのでしょうかね。

「iPhone 4」ホワイトモデルの提供は7月後半を予定しています。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。