2010-06-23_1154.png

まだ音楽とビデオが復元中で、いったいいつになったら「iOS 4」アップデートの全ての作業が完了するんだ、という感じですが、とりあえず雑感など。

「iOS 4」リリース → アップデートなうというエントリーでも書きましたが、インストールしているモノの量などに左右されるようですが、iPhone 3Gでは非常に時間がかかるようです。

まだ音楽とビデオの復元が終わらないため、スクリーンショットが撮影できません。そのため、雑感のみお伝えしておきます。

iPhone3Gでは「iOS 4」をインストールしても、

・マルチタスク
・壁紙
・画面のロック

といった新機能を利用することができません。せめて壁紙くらいは、と思ったのですが、残念ながら、です。

逆に、できるようになって便利だと思ったのが、

・フォルダ
・ユーザ辞書

といったあたりでしょうか。画面を繰ってアプリに辿り着くよりも、やはりフォルダ管理の方がアクセスしやすいです。

フォルダを作成する方法は、アイコンを長押ししてプルプルさせ、フォルダで管理したいアイコンを外のアイコンにドラッグ&ドロップする、という方法をとります。

メールアプリが改善され、複数のメールアドレスのメールボックスをまとめて管理できるようにもなっています。メールアプリで複数のメールアドレスを管理していた人には、嬉しい改善になるでしょう。

カメラアプリもデジタルズームが可能になりましたが、これ自体はサードパーティー製のアプリで実現しているものも少なくなかったので、特に新しくは感じませんでした。

気になるのは操作感だと思いますが、以前のバージョンよりは、確かにもっさりした感じになってしまいました。ただし、噂に聞いていたような激重という感じではなく、やや重という感じです。

特にストレスを感じるのは日本語入力の部分で、フリック入力で文字入力がついてこない場合があるのが、ちょっと残念です。

全体的にもっさりにはなりましたが、耐えられるか耐えられないかは、環境によるだろうな、と思います。

例えば「iPad」を持っていて軽快な動作を知ってしまった人は、ちょっと厳しいでしょう。逆にiPhone 3Gしか知らなければ、これでも良いと思えるかもしれません。

重くなったのは残念ですが、2年前のパソコンに最新OSを入れていると思えば、このくらいかな、とも思います。パソコン的感覚でいけば、快適性を重視して「iOS 4」はインストールしない、という手もあると思います。

MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)のiOS 4 ベンチマークレポートによれば「iOS 4はiPhone OS 3.1.3と比較して約7%遅い」という数字も紹介されています。微妙なところです。

ちょうど「iPhone 4」が発売されるタイミングでもあるので難しいところではありますが「iOS 4」をインストールするか否か「iPhone 4」に乗り換えるか否かは、自分が必要とする機能次第かな、と思いました。

ぼく自身は「iPad」で快適なスピードを知ってしまったので、迷うことなく「iPhone 4」への乗り換えを決意しました。

「iOS 4」関連記事もまとめています。

iPhone 3Gと「iOS 4」の話は、以下のエントリーも参考にしてみてください。

【長文注意】iPhone 3GにiOS4を入れたらちゃんと動くのか大検証! : ギズモード・ジャパン
「iOS 4」をiPhone 3Gで使って気づいたこと - くうねるあそぶ

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。

■関連記事

さらに使いやすく、より快適に――iOS 4ファーストインプレッション

日本語入力機能も強化されており、10キー入力時や日本語フルキーボードの記号入力時に、日本語の顔文字入力機能が追加された。キーボードに用意された顔文字アイコンをタッチすると、登録されている顔文字が一覧表示されるので、素早く顔文字を入力できる。