「iPhone OS」のマーケットシェアは「Android OS」の3倍超--ニールセン調査という記事より。

米国時間6月4日に明らかになった、2009年第4四半期と2010年第1四半期を比較した報告によると、Appleの「iPhone OS」のシェアはGoogleの「Android OS」の3倍以上あるという。

アメリカのNielsenが明らかにした調査結果によれば「iPhone OS」と「Android OS」ではマーケットシェアに3倍超の開きがあるということです。

数字にすると、次のようなランキングになっています。

1位 BlackBerry 35%
2位 iPhone 28%
3位 Windows Mobile 19%
4位 Android 9%
5位 Palm 4%

AppleとGoogleはどちらも2010年第1四半期にシェアを2%伸ばしている。一方、RIMとMicrosoftは同四半期にシェアが2%減少している。

iPhoneとAndroidが伸びる一方で、BlackBerryとWindows Mobileが減っているのですね。

Nielsenによると、iPhoneユーザーの80%は次もiPhone OSが稼動するデバイスを希望し、Androidユーザーの70%は次もAndroidが稼働するデバイスがほしいと答えている。

しかも、iPhoneユーザとAndroidユーザは「ブランドに非常に忠実」だそうです。

iPhone、Android共に機能強化が続けられていますが、この数字は来年の今ごろはどうなっているのでしょうか。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。