iphone-os-preview-20100407.png

Appleが「iPhone OS 4」を発表しました。発表された新機能のポイントをまとめました!

//////

「iPhone OS 4」では100以上の新機能が搭載される予定で、主な新機能は次のようなものとなります。

iphone-os-preview-icon-multitasking20100407.png

マルチタスク:パフォーマンスとバッテリを維持しながらバックグラウンドでタスクを実行。ゲームやメールをチェックしながらSkypeの着信が可能に。ホームボタンのダブルタップで。

iphone-os-preview-icon-folders20100407.png

フォルダ:ドラッグ&ドロップでアプリをフォルダに入れて整理することができる。2,160個のアプリを管理可能に。アプリを別のアプリの上にドラッグすると、新しいフォルダが自動的に作成。

iphone-os-preview-icon-mail20100407.png

メール:全てのアカウントのメールを一つのインボックスで表示可能に。スレッドによる整理もできる。サードパーティー製のアプリで添付ファイルを開くこともできる。

iphone-os-preview-icon-ibooks20100407.png

iBooks:iPadと一緒に発表された、電子書籍リーダとオンラインブックストアのiBooksも利用可能に。

//////

iPhone 3Gはマルチタスク非対応:マルチタスク機能を利用するには、iPhone 3GSまたは第3世代のiPod touch(32GBまたは64GBの2009年後期モデル)が必要となります。残念ながら、iPhone 3Gはマルチタスクに対応しません。

Game Center:ソーシャルゲーミングネットワーク。2010年後半にリリース予定。友達をゲームに誘ったり、スコアボードに成績を付けたり、ハイスコアを比較することができる。

開発者向けにベータ版リリース:開発者向けには1,500以上の新しいAPIが提供される「iPhone SDK 4」が提供されます。ベータバージョンとSDKは今日から提供開始です。

iPhone OS 4リリースは2010年夏:「iPhone OS 4」は2010年夏にiPhone、iPod touchユーザを対象にソフトウェアアップデートで提供される予定です。iPad向けは秋を予定。

//////

iphone-os-preview-iads20100407.png

iAd:Appleによるモバイル広告プラットフォーム。アプリを離れることなく、フルスクリーンビデオとインタラクティブな広告コンテンツを表示することができる。開発者に60%の収益。

iphone-os-preview-enterprise20100407.png

Enterprise:管理しているiPhoneをリモートで操作することが可能に。自社開発したアプリもワイヤレスで配布。セキュリティ、スケーラビリティー、互換性を改良。

//////

マルチタスクを実行している動画です(via iPhone・iPod touch ラボ)。

改めてイベントの様子を動画を見たい方は「April 2010 Apple Special Event」でどうぞ。

//////

iPhone 3Gが「iPhone OS 4」のフル機能に対応しないのは残念ではありますが、リリースから2年が経過していることを考えると、買い替えの良いタイミングですね。

■関連記事

マルチタスクに対応したiPhone OS 4、今夏提供

アップルの開発者向けサイトによると、マルチタスクのために「Backgroud audio(バックグラウンドアプリの音声を聞く機能)」、「Voice over IP(別アプリの起動中やスリープ中のVoIP着信・通話)」、「Background location(バックグラウンドでの位置情報取得機能)」「Push notification(アプリが起動していないときにもサーバーからプッシュ通知を受ける機能)」、「Local notification(端末内の別アプリからの通知機能)」、「Task finishing(動作中のアプリが終了する際、動作中のタスクを実行し終えるまでアプリを実行し続ける機能)」、「Fast app switching(アプリが前回終了時の状態で素早く起動する機能)」の7つの機能が搭載される。

Appleが「iPhone OS 4.0」発表 マルチタスクに対応

iAdは、アプリ内からフルスクリーンのインタラクティブ広告を表示できるというもの。現行のiPhone OSでは、ユーザーがアプリ内で広告をクリックするとWebブラウザが立ち上がって広告ページが表示され、広告を見終わった後でアプリに戻って来ないといけないが、iAdではアプリから離れずに広告を閲覧できる。Appleが広告枠を販売し、アプリ開発者は広告収入の60%を受け取る。

Apple iPhone OS 4.0のまとめ

-タスクマネージャーはない。ユーザーはアプリを閉じたり操作したりすることはできない。Jobsは「なぜならそんな必要がないからだ。そもそもタスクマネージャーが必要だったらUXチームの大失敗だ」と説明。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。