警報:Apple、iPhone App Storeでテンプレート利用アプリも禁止か?というエントリーより。

今回のターゲットはいわゆる「クッキーカッター・アプリ」、つまり現在サードパーティーから多数提供されているアプリケーション開発プラットフォームのテンプレートを利用したアプリらしい。

テンプレート利用アプリというのが何を指しているのかよく分からなかったのですが、記事を読んでみて納得です。

写真などを利用してパズルや時計のアプリを手軽に作れますよ的な、そういったサービスを利用して作られたアプリということですね。

デベロッパーたちの意見では、Appleはアプリケーション開発プラットフォームやテンプレートの利用そのものを禁止しようとしているのではないという。しかし、先月あたりから、AppleはRSSフィードや単なる名刺に毛が生えたような単純なアプリの締め出しを始めたらしい。

記事では「Appleはウェブアプリで用が足りるような単純なアプリをネーティブなiPhoneアプリで作成するのを嫌い始めた」と。アプリにする必然性のないものは締め出される可能性がある、ということですね。

セクシー系アプリ、GPSを利用した一部のアプリに続いて、今度はテンプレート利用のアプリがApp Storeから消えようとしています。

「iPad」の発売を控え、ユーザが困惑するような、またはがっかりするようなアプリを削除していくことで、ユーザエクスペリエンスをコントロールしたい、ということなのでしょう。

ちなみに、ぼくが作った「ねこ三昧」はもろにテンプレートを利用したアプリなので、いずれApp Storeから消えてしまう運命かもしれません。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。