ソフトバンクが「ファーストリテイリングにiPhone 3GSを1,200台納入」というプレスリリースを出しています。

ソフトバンクテレコム株式会社は、2010年3月1日の株式会社ファーストリテイリング(以下、ファーストリテイリング)の東京本部移転にあわせ、約1,200台の「iPhone™ 3GS」(アップル社製)を、同社に納入しました。

ユニクロでお馴染みのファーストリテイリングが、なんと東京本部の移転にあわせて「iPhone 3GS」を1,200台導入したそうです。すごい!

今回のiPhone導入によって、会社のメールや予定表を時間や場所にとらわれることなく利用できるため、業務を効率化し生産性を向上させることができます。また、社員情報の検索にはオンラインの電話帳を提供することで、アドレスなどのデータをiPhoneに残すことなく利用でき、高いセキュリティーを実現しています。

ノートパソコンをわざわざ開かなくとも、手軽にデータにアクセスできる、というメリットは少なくないでしょうね。

ファーストリテイリングでは次のようにコメントしています。

「私ども、ファーストリテイリンググループが今後、飛躍的な成長をとげるためには、世界中のグループ全社が、あたかもひとつの会社として機能するグローバルワンファームを実現させなければなりません。その為には、世界中のどこにいても全社員が繋がっておりコミュニケーションできる環境が不可欠です。コミュニケーションツールの中で、モバイルデバイスとしてはiPhoneが最も適していると評価しており、本部機能の移転を機に今回の導入に至りました」

これがうまくいくと、次は世界中の社員にiPhoneが配られることになるのでしょうか。

社員の人たちがiPhoneに触り出すと、ユニクロらしいiPhoneアプリが登場するきっかけにもなるかもしれませんね。楽しみです。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。