ドコモ、auユーザーの5割超「契約キャリアからiPhone出たら買う」という記事より。

iPhoneを持っていない携帯ユーザーを対象に、iPhoneを購入しない理由について調査したところ、「使っている携帯電話会社(携帯キャリア)が違うから」と回答したユーザーが、NTTドコモユーザーでは53.3%、auユーザーでは62.0%でともに1位となった。

協賛モバイルメディア6サイトの協力によりMMD研究所が実施した「iPhoneの購入意向に関する意識調査」の結果が記事になっています。

やはり、いちばん驚いたのがここですね。

ソフトバンク以外の携帯キャリアからiPhoneが発売された場合の購入意向を聞くと、ドコモユーザーの52.3%、auユーザーの56.8%が「契約キャリアからiPhoneが発売されたら購入する」と回答。

なんと、二人に一人が自分の契約しているキャリアからiPhoneがリリースされたら購入したい、と。

まさかこんなにいると思いませんでした。「iPhone人気どんだけ!?」ですよ、思わず口から出てくるのは。

モバイルメディアでのアンケートということでバイアスがかかっていると思いますが、むしろ携帯電話を使いこなしているような人がiPhoneを欲しがっていると推測されるカモ?(どうでしょうか)

逆に購入に踏み切れない理由としては、電波状況が良くないことや、メールアドレスを変更しないといけないこと、だったりするのでしょうかね。

こうなってくると、ワンセグやおサイフケータイ、ケータイサイトが見られないといったことなど、当初言われていた乗り換えできない理由を気にしない人が増えているのかも?

また、

iPhoneを持っていないソフトバンクユーザーでは、「購入するつもりはない」という回答が96.4%となっている。

という結果も出ていて、ソフトバンクユーザでiPhoneが欲しい人は、既に機種変更を済ませてしまっているようです。

iPhoneを持っていない携帯ユーザーに、iPhoneで魅力を感じる機能を聞くと、どのキャリアのユーザーも約3割が「インターネット」「タッチディスプレイ」「iPod機能」と回答し、上位3位を占める結果となった。

iPodなんだ!

というか、実際に使ってみないとアプリの便利さ・拡張性など、より具体的なところは分かりにくいかもしれませんね。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。