スマートフォン出荷数が23.8%増、iPhoneのシェアは14.4%に拡大という記事より。

調査会社のGartnerは23日、世界の携帯電話売上に関する2009年調査結果を発表した。2009年のスマートフォン出荷台数は1億7240万で、2008年に比べて23.8%増加した。

2009年のスマートフォン出荷台数に関する調査結果が発表されています。それによると、2008年に比べて23.8%増加したということです。

個人的に気になるのはiPhoneですが。

現在、この市場で大きなシェアを保っているのはSymbianの46.9%で、以下はBlackBerry(Research In Motion)が19.9%、iPhone OSが14.4%。

ということで、着実にシェアは伸ばしているようです。

iPhoneは2008年のシェアは8.2%で、2009年には14.4%と大きくシェアを伸ばしています。

iPhoneのシェア拡大の一方、2008年にはシェア11.8%で3位であったMicrosoft Windows Mobileは、2009年には8.7%で4位となった。

今後はスマートフォンが増えていくとは思うのですが、日本国内の携帯電話におけるシェアはどうなっていくでしょうね。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。