2010-01-21_1456.png

わずか10分でブログのRSSフィードをiPhoneアプリ化してしまうという「iSites」というウェブサービスを試してみました。

Learn More.」によると、自分でiPhoneアプリを作成・管理することができるサービス、となっています。ユーザはコンテンツについての議論を、ツイッターやFacebookで出来るとも。

手順としては、

・フィードを登録する
・デザインする
・アプリ用の画像等をアップロード
・マネタイズの設定(AdMadmoobとGoogle AdSense)
・公開

という流れになります。

アプリの作成料金は25ドル〜です。自分自身の広告を埋め込まない場合ということなので「iSites」の広告が表示されるのでしょう。自分自身のAdMobを埋め込む場合は、年額99ドルです。

実際に試してみました。

2010-01-21_1457.png

↑まず最初にアカウント登録します。確認メールが届きます。

2010-01-21_1510.png

↑ログイン後のダッシュボードです。

2010-01-21_1512.png

↑ダウンロード数なども見られます。

iPhoneアプリを作成する手順は以下のようになります。

2010-01-21_1513.png

タイトル、説明、タグを入力。

2010-01-21_1515.png

RSSフィードのURL等を入力。自分自身のフィードかどうかのチェックがあります。

2010-01-21_1518.png

ブログのフィードだけでなく、ソーシャルメディアもアグリゲートできるみたいです。とりあえず、ツイッターとtumblrを追加してみました。

続いてデザインに移ります。

2010-01-21_1521.png

色を変更し、セーブするとプレビューすることができます。

最後にクリエイティブを設定します。

2010-01-21_1523.png

アプリのタイトル、説明、キーワード、サポートURL、サポートメール、アイコンなどの画像を入れることができます。日本語はNGです。

2010-01-21_1527.png

これでアプリの公開ができてしまう‥‥のかな? すごいことですね(マネタイズの設定がどこか分からなかったな)。

初めてだとさすがに10分という訳にはいきませんが、慣れてきて素材も準備できていれば、かなり手軽に自分のブログやつぶやきをiPhoneアプリ化できると思います。

iPhoneアプリを開発するMac用ソフト「appOmator」というエントリーを書いたばかりですが、このiPhoneアプリ開発の分野はますますホットになりそうですね。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。