2010-01-20_1205.png

iPhoneアプリを開発する「appOmator」というMac用のソフトがリリースされています。

iPhoneアプリの構築を容易に--「appOmator」が発表という記事で知りました。

ユーザーはappOmatorを用いて、バックグラウンド画像やメニュートランジションにカスタムグラフィックスを追加したり、自作アプリ内にボタンを作成したりすることができる。ユーザーは音楽、動画、画像、チャプターインデックスマーカーを有するトラックにリンクすることができ、メディアファイル内の特定の場所へとユーザーを誘導することが可能になる。

ただ開発するだけでなく、完成したアプリを「appOmator」のサイトにアップロードすると、その後の処理が行われ、料金を支払ってダウンロード。それをApp Storeに提出できるということです。

面白いのはソフト自体は無料で、アプリの処理に課金がされるというところです。とりあえずソフトをダウンロードしてみて、うっかり良いアプリができたらApp Storeに‥‥ということが可能です。

サイトを見ると、

Drag & drop images, audio, and video to create your App

というようなことが書いてあるので、写真集アプリや音楽再生アプリ、ビデオアプリなどは意外に簡単に作れてしまうかもしれません。

2010年2月初旬にリリースということですが、ぜひ試してみたいソフトです。

先日、あなたもiPhoneアプリを作れる! ネタフルの猫時計アプリがリリースというエントリーを書きましたが、こちらは2週間での販売実績がメールで届きました。12個でした。

無料で作成できるアプリだとロイヤリティは10%ということなので、23円 x 12個で276円の売上です。

appOmator」の処理料金がいくらになるのか分かりませんが、低価格でiPhoneアプリを開発できる環境が充実すると良いですし、競争も始まるかもしれません。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。