脱獄済みiPhoneのデータ根こそぎ奪取、ハッキングツール見つかるという記事より。

Integoは、このハッキングツールを「iPhone/Privacy.A」と命名。同社によれば、「iPhone/Privacy.A」をMac、PC、Linuxなどにインストールするとネットワークをスキャンし、Jailbreakを行ったiPhoneを見つけて侵入する。

いわゆる“脱獄”(Jailbreak)しているiPhoneから、データを根こそぎ盗み出すツールが発見され「iPhone/Privacy.A」と命名されています。

Mac、PC、LinuxなどにインストールするとJailBreakしているiPhoneを探し出し侵入、メールや連絡先、SMS、カレンダー、写真などを盗み出すそうです。

これは怖い‥‥。

少し前に壁紙が書き換えられるワームがありましたが、今回のツールでは「被害が目に見える形では現れないことから、ユーザーが攻撃を認識することは難しい」のだそうです。

攻撃者自身がこのツールを自分のiPhoneにインストールし、近隣のiPhoneのデータを盗み出すことも可能だとしている。

怖すぎる‥‥。

とはいえ、JailBreakしていなければ大丈夫なのです。心配な人は元の状態に戻した方が良いかもしれませんね。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。