「8Gバイトで99ドル」の廉価版iPhone 3GS登場のうわさという記事より。

米Verizon WirelessがiPhoneキラーの本命と目されるMotorola製Android 2.0搭載スマートフォン「DROID」を発売したまさにその日に、AppleとAT&Tが年末商戦期に向けて99ドルのiPhone 3GSモデルを発売するとのうわさが浮上した。

以前から廉価版iPhoneの噂というのは出ては消えしている気がしますが、Android 2.0搭載スマートフォン「DROID」の登場を受けて、AT&Tが、

iPhone 3GSの価格を99ドルまで引き下げるというのはあり得えない話ではない

ということになったようです。そうかー、強力な競合が登場すると、iPhoneの値段が下がる可能性がある訳ですよね。

Appleは現在8GバイトモデルのiPhone 3Gを99ドルで販売しているが、8GバイトモデルのiPhone 3GSを99ドルで提供することになれば、旧モデルの製造を打ち切れることになり、さらにはiPhoneにぴったり照準をあわせたVerizonの価格戦略を打ち砕くことにもなる。

あと数ヶ月くらい我慢すれば新しいiPhoneが投入されるんじゃないかと期待しているのですが、仮に日本でも値下がりしたらうっかり買い替えてしまいそうです。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。