ロック解除のiPhoneを人質に、「身代金」の要求騒ぎという記事より。

オランダでAppleのiPhoneが一斉にハッキングされ、「身代金」を要求される騒ぎがあった。セキュリティ企業の英Sophos研究者が報道を引用して11月3日のブログで伝えた。

「ロックを解除されたiPhone」ということですが、これは要するにJailBreakしている状態ということですよね。

JailBreakというのは、Appleのロックを解除してさまざまなアプリケーションを「iPhone」にインストールできる状態にしたりすることです。

かつてはiTunes Storeがなくてですね、そうすることでしかアプリをインストールすることができなかったのですね。

ということで、オランダでの話ですが、

T-mobileネットワーク経由でポートスキャンを使い、ロックを解除されたiPhoneを探し出してハッキングした。壁紙を書き換えて「おまえのiPhoneをハッキングした。私は現在、おまえの全ファイルにアクセスできる」という英文の警告メッセージを表示、iPhoneのセキュリティ強化のためと称して、あるWebサイトの閲覧を促した。

というような事件が起こったのだそうです。

JailBreakしていると外部から侵入される危険があると言われますが、本当にそれを利用したハッキングが起こったのですね。

ウェブサイトでは「解決方法を教えて欲しければ5ユーロを払え」などと書かれていたそうですが、PayPalのアカウントを剥奪され、返金、問題解決の方法を公表したということです。

Apple非公認のコードを実行する目的でiPhoneのロックを解除して使っているユーザーも多いが、デフォルトのルートパスワードを変更し忘れると不正侵入の被害に遭う恐れがあるとクルーリー氏は警告している。

ということです。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。