第3世代iPod touchとiPhone 3GS、どっちが速い?という記事より。

先代のiPod touchと比べて、「処理速度が最大50%高速化した」とApple上級副社長のフィル・シラー氏が紹介した第3世代のiPod touch。第2世代のiPod touchは、iPhone 3Gよりもプロセッサの動作クロックが高く、動作が若干速かった。では今度のiPod touchも、先に発売されたiPhone 3GSよりも高速なのだろうか。

第2世代の「iPod touch」は「iPhone 3G」よりも動作が若干速かったということがあったので、今回はどうかということで、検証がされています。

Checkupicon」というアプリを使って、詳細なスペックが調査されています。それによると、

Checkupを立ち上げてみたところ、第3世代iPod touchのCPUの動作クロックは600MHz、バスクロックは100MHzだった。253Mバイトのメインメモリと合わせ、すべてiPhone 3GSと同じだ。

ということです。「CPU、Memory、Storageのテスト結果もほぼ同等といっていい数値」ということで、ほとんど同じ中身のようですね。

ゲームマシンということが強調された第3世代「iPod touch」だったのですが、つまりは「iPhone 3GS」もゲームマシンである、ということですね。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。