「iPhone 3GS」が月間1位を記録したという事実という記事より。

海外の携帯電話メーカーは、これまで何度も日本市場に挑戦し、中にはそこそこの人気を獲得した端末もあったが、軒並み苦戦を強いられてきた。そんな日本市場において、iPhone 3GSが月間1位を達成したことは注目に値する。

GfK Japanが集計する国内主要量販店を対象とした7月の販売ランキングで、なんと「iPhone 3G」が月間販売台数1位を獲得しています。

初代iPhoneが米国で発売されたとき、国内の多くの業界関係者は、その革新性を認めつつも「iPhoneはメール文化が浸透している日本市場では受けない」と指摘していた。

つまり、日本の携帯電話文化も変えつつあるということなのでしょうか。タッチパネルでの文字入力に難ありとも言われましたが、個人的には両手フリックでダイヤルキーよりも入力は速いです。

公式な発表はないが、iPhone 3GとiPhone 3GSは、日本国内ですでに100万台以上が稼働していると予想される。都内では、公共の交通機関に乗れば1人や2人はiPhone 3GやiPhone 3GSを持つ人を見かける。

本当に「iPhone」を手にしている人を見かける機会が増えました。これだけ増えると、それを見て「iPhone」が気になりだすという人も少なくないのでしょうね。

例えおサイフケータイでなくても、ワンセグを搭載していなくても、iPhoneのような端末に魅力と価値を見いだし、購入するユーザーはたくさんいたのだ。

なお、1位になっているのは32GBモデルです。このことから「単純に価格が実質0円だから売れた、というわけではないだろう」と記事。

ぼくの周りでも、買わないと言っていた人が買ったりと「iPhone」ユーザは着々と増え続けています。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。