2009-07-31_1559.png

実は恥ずかしながら、今の今まで「iPhone」におけるMMSのメールアドレスを取得するという意味がよく分かっていませんでした。「iPhone のメールとMMSの使い方」を読んで目から鱗です!

理解ができた今となっては普通に思えるのですが、新たに取得が推奨された「○○○○@softbank.ne.jp」というメールアドレスを利用すると「SMS/MMS」アプリでメールのやり取りができる、ということなのですね。

「iPhone OS 3.0」から「SMS」アプリが「SMS/MMS」アプリとなり、画像の送受信が可能になったのですが、例えば他の携帯電話とチャットするがごとく、メール送受信ができるようになった、ということです。

これまでの「○○○○@i.softbank.jp」で不満のなかった人は必要ないかもしれませんが、SMSがごとくメールをやり取りできるようになったら、そりゃやっぱり便利ですよねぇ。

ということで、まとめられている違いが分かりやいすです。

【 MMS 】(softbank.ne.jp)
・電話回線で送受信する、携帯電話用のメール
・メールが来たらリアルタイムで受信、すぐお知らせ
・ソフトバンク同士だと電話番号で送信可能
・メールの保存件数や保存容量が少なめ
・CC や BCC(多人数への同時送信)には非対応

【 Eメール 】(i.softbank.jp)
・ネットワーク回線で送受信する、パソコン用メール
・基本的には、手動で 送信/受信 を行う
・メールの保存件数や保存容量が多い
・CC や BCC などに対応している

ちなみに「SMS/MMSアプリ」から、例えばPCのメールアドレスに写真を送信できるのですが、メールアドレスを取得していないと「djledxxxxxx@softbank.ne.jp」のような、誰からか分からないメールアドレスになります。

自分だけで使うならいいけれど、知人とやり取りするならば、きちんとメールアドレスを取得しておいた方が良いですね。

さらに、iPhoneのMMSではてな活用 - 大西日記 - はてなダイアリーを読むと「iPhone」におけるMMSの可能性の広がりも感じられると思います。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。