2009-06-12_1124.png

旧iPhone分割払いユーザー向け――いったいどう買えば新iPhoneはお安くなるの?という記事を読んだところ、どうも機種変更するには残金を一括で支払ってしまった方が良いようです。その残金は16GBで50,400円。

それぞれ見てみると、塩漬け運用と残金払い機種変更だと約3~4万円もの差が出ることが分かった。基本的には残金を支払って機種変更をした方がお得と言えるだろう。

で、結局のところ「iPhone 3G」から「iPhone 3GS」に乗り換えるといくらなのか?なんていうエントリーも書きつつ、ナントカ安い方策はないのか、と躍起になってみたのですが、現実は厳しいですね。

今回、学んだことは、

・端末はヨドバシなどで一括で買え
・容量の少ないモデルを買え

ということです。

ヨドバシなどの量販店で一括購入すればポイントもつくらしいですし、今回のような残債に悩まされることもありません。

2年間キッチリ使う、と思っていればこのあたりは気にしなくても良いと思いますが、新製品を見たら欲しくなってしまう新し物好きとしては、容量も少なくて良かろう、と。で、容量が少なければ価格も安くてなお良し、と。

で、新たに「iPhone 3G S」の16GBモデルを一括購入する場合は57,600円だそうです。

乗り換えのためにまとめて支払うと10万円以上かー。

新し物好きの宿命とはいえ、これはけっこう負けられない試合がそこにはあるって感じですね。よく分からないけど。

なんというか「初日に並んで購入するような人たちは10万円を支払ってでも新しい機種を手にするはず」とソフトバンクで思われているかもしれませんが、そこはあえてなんかこう優遇策みたいなのがあったら嬉しいなぁ。

だって毎年、新機種に買い替えて電話を使いまくる人たちな訳じゃないですか。超ロイヤリティが高い訳じゃないですか。新規ばかりじゃなくこっちも向いて、クスン。

というところでふと思いついたのが「iPhone 3G」を下取りしてくれないかしら、というアンデス。いや、案です。

機種変更して手元に残ったり、塩漬けにするにしろ余ってしまう「iPhone 3G」は非常にもったいないじゃないですか。

だったら下取りで回収して、ガワを変えるなどして、中古の整備済み製品とするとか、誤って液晶を割っちゃった人に修理するよりはちょっと安く提供するとか、なんかそういうエコシステムみたいなものは難しいのでしょうかね。

昨日はビデオガイドツアーを見たらやっぱり是が非でも手に入れたくなったのですが、ちょっと冷静に戻りました。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。