出席管理やミニテストもiPhoneで--青山学院大学、社会情報学部の学生にiPhoneを配布という記事より。

青山学院大学、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイルは5月14日、「iPhone 3G」を社会情報学部に在学するすべての学生(1、2年)に配布すると発表した。約550台にのぼるという。

青山学院大学、なんたる豪気!

と思ったら、ソフトバンクモバイルも動いているのですね。でも、すげーよー。

青山学院大学は、これらを習得するための一環とし「学業とともに日常生活でも最新機能を持つモバイル端末を活用し、モバイル・ネット社会を実際に体験できる環境の提供が重要であると考えた」とiPhone 3Gの導入理由を説明した。

気になるのは通信費なんですけど、きっと無料なんでしょうねぇ。それでも通話しまくりってことはないでしょうから、どこからどこまで無料なんでしょ。

iPhone 3Gを大学標準のメールシステムやグループウェアと連携。授業資料や教材の配布、出席管理、ミニテスト、授業収録放送を行い、学習に活用する。

いやー、こういうの便利そうですね。

低学年の学生は、「App Store」にあるアプリケーションから有用なアプリケーションを探し出し、新たなライフスタイルの提案に役立てる。

それを友だちに話したりするんですね。って「iPhone」の宣伝活動みたいじゃないか!

ぜひぜひ事例として、後日談を聞きたいですね。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。