Pinch Mediaの調査によると、iPhoneアプリケーションの平均「賞味期間」は30日未満というエントリーより。

2009-02-24_1159.png

無料アプリケーションについて言えば、ダウンロードした日以降にそのアプリケーションを利用する率は約20%に過ぎない。30日経過後には、5%未満しかそのアプリケーションを利用していない。

「iPhone」でダウンロードされたアプリがその後、どのようになっているのか開発者ならずとも気になるところだと思いますが、なんと無料アプリでは30日後も利用されているのは5%未満だそうです。

というか、簡単にダウンロードできすぎなんですよ!(利用者からすればいいことです)

「これ、ちょっと面白いよ」って「iPhone」の画面を見せられて「どれどれ」って、そのまま自分の「iPhone」でダウンロードできちゃうんですよ。

それが無料となれば、次々にダウンロードして不思議じゃないですもんね。

そしてApp Storeを眺めていると日々、本当に驚くくらいのアプリがリリースされていることが分かります。ちょっとつまみ食いして、それでも残っているアプリというのは、確かにすごいものだと思います。

ちなみにこのデータを発表した「Pinch Media」は「iPhone」アプリに広告を配信するサービスを提供している企業です。

無料アプリが広告で収益を上げるのは非常に難しい(広告費によって有料アプリケーション以上の収益を上げ得る無料アプリケーションは5%に満たない)ので「アプリケーションを無料にしなければならない特別の理由がない限り有料化すべき」というアドバイスがされています。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。