「iPhone」のタッチ操作は画面から指を離したときに機能するようになっています。ので、カメラも同様に、画面から指を離すとシャッターが切れます。

camera_iphone_1104photo.jpg

ということを、カメラテクニック - 伊藤浩一のW-ZERO3応援団を読んで改めて思い出したのでした。

テクニックとしては、常に画面下部のカメラアイコンに指を置いておき、シャッターチャンスに離すと良い、ということですね。

とはいえ、動いているものを撮るのは苦手な「iPhone」ですので、押して離すタイムラグがなくなる、くらいに考えておいた方が良いかと思いますが。

ついでに、iPhoneシャッター音オフ - 伊藤浩一のW-ZERO3応援団なんていう技もあるみたいです。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。