iPhone+激安ルーペで堪能する接写の世界 - もとまかのiPhone・iPod touch戯れ日記というエントリーを読んでから、100円ショップでルーペを探していたのですが、ようやく見つけました!

00040d421864d709a686fa9d9197f2b8.jpeg

2種類あってどちらにしようか迷ったのですが、二つ買っても200円なので大人買いしてきました。

まずは木製で定規がついているルーペをテスト。

929c5e97760ac79acba7ece1355dc7f7.jpeg

レンズ部分にルーペをあてて撮影してみると‥‥

5739bbab82dc738a7bb2241abc520d51.jpeg

うはぁ!

と、撮れとる!

マクロ撮影でけとる!

ちなみに、やや引き気味にしてみると‥‥

6bee6121c25dd1c537d319cc1a0c0473.jpeg

さすがにピンぼけします。

続いて、鉄製。

7bc8f61aa91f02b18c1f0ea95003120f.jpeg

またもやレンズ部分にルーペをあてて撮影してみます。

395c1787ba37b561d8e437f1768b0bd6.jpeg

フォォォォ!

撮れとるヤン! マダム・ヤン!

それでは少し引いて撮影してみますかね。

ccd5bb2b2caa36b9979e82fe7c852c37.jpeg

引いてもいけとるー!

これはつまり、木製よりも鉄製の方が被写界深度が深いと言えましょうか。難しいことは抜きにしても、ピントの合う範囲が広い分だけ、鉄製の方が使い勝手が良さそうです。

持ち手がついている方が「iPhone」と一緒に持った時も撮影がしやすい気がします。

わずか100円で「iPhone」でマクロ撮影が可能になりました! 嬉しい!

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。