ビザビから「iPhone」用のレザーケース「Piel Frama レザーケース for iPhone 3G」のサンプルを頂いたので、試しています。

case_iphone_081017668.JPG

「iPhone」用のケースって悩みませんか?

もう悩みが尽きないというか、ぼくなんかどれにしたらいいか分からなくて漂流しているような感じです。

最初は液晶が保護できるフリップタイプがいいかと思ったのですが、もっと手軽に使える方がいいだろうと「クリアケース with マジックグラス」を使ってみたら、これも良かった。

しかし、クラッシュして液晶が見事に割れている写真とか見てしまうと、やっぱり手軽さよりも保護を取りたくなってしまいます。

落としたりする確率は非常に低い訳ですけど、万に一つでも‥‥と考えるとね。怖すぎる訳です。

というところタイミングよく手元に「Piel Frama」が届きましたので、ここ数日間、実際に使って見ているところです。

まずは開封の儀。

case_iphone_081017664.JPG

case_iphone_081017665.JPG

case_iphone_081017666.JPG

スペインの老舗人気ブランド「Piel Frama」による、高級レザーケースです。

9,870円と、もともとけっこういいお値段がするのですが、それだけに非常に質感がいいです。手に馴染みますし、所有欲みたいなのも満たされる気がします。

case_iphone_081017669.JPG

お陰で手を滑らせるということもないし、万が一に落下したとしても、フリップ部分が液晶を保護してくれる可能性が高い安心感もあります。

充電する際にケーブルを接続したり、ボリューム調整なども問題なく行えます。

case_iphone_081017670.JPG

フリップ部分は磁石で固定されるようになっているので、片手で開いて閉じるという操作もできます。

case_iphone_081017671.JPG

カメラで撮影する際に、ややフリップが邪魔になるのと、ヘッドフォンを挿している時に、ちょっと開きにくいというのはありますが形状上、仕方ないところですね。

case_iphone_081017673.JPG

飽きることなく長く使うことを考えると、このくらい良い質感のものを購入しても良いのかな、と思いました。牛革が手に馴染んで良い感じなのですよ。モノがいいので“相棒感”もものすごく強いです。

「iPhoneだぜー!」というのを見せたい人には向かないかもしれませんが、さりげなく「iPhone」が入っているというのは良い感じです。見た目は手帳っぽいですね。

一つ一つ、職人によるハンドメイド。手触りが良いので、しばらく使い続けてみたいと思います。

2008-10-17_1112.png

色もイロイロ。

Piel Frama レザーケース for iPhone 3G」で、SUICAでタッチにもチャレンジしてみマッスル!

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。