iPhoneの受信失敗はiPhoneが悪いというエントリーより。

もし大量の携帯電話機が同時に大量の電力割り当てを要求すると、中継装置は過負荷となりシャットダウンしてしまう。これによって通話の失敗が起きる。iPhone 3Gは中継装置に対して過度に電力を要求していた。

「iPhone」の受信感度が悪い問題は実際に感じていたのですが、その原因は中継基地に対する電力割り当てに問題があったみたいです。

通信の際に少量の電力割り当てを要求するところを「iPhone」は過度に要求していたので、過負荷が発生していたということです。

ハードウェアの問題かとも思っていたのですが、ソフトウェア的に解決できる問題で良かったな、という気持ちです。

2.0.2では、あまりにひんぱんにあまり多くの電力を要求しないよう修正が行われた。

ただし「iPhone」のバージョンが古いままの人もいるので、すぐには解決しないだろう、と。

確かに「2.0.2」にバージョンアップしてから、これまでよりは電波を拾っている感じはしていたのですが、修正が加えられていたのですね。

iPhone 3Gの電波受信感度の問題,電力制御ソフトウェアが原因の可能性という記事では断定せずに「あるAT&Tと関係の深い情報筋」の話として紹介しています。

とはいっても、ぼくの活動範囲にそんなに「iPhone」ユーザがたくさんいるとも思えないので、やや受信感度がよろしくないというのは仕方ないところなのでしょうか。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。