Apple、iPhone接続問題の修正ソフト開発中という記事より。

この対応は、iPhone 3Gでの通話が途中で切れることが異常に多いという、オンラインで多くのユーザーが訴えている苦情を解決する手助けになるかもしれない。

Appleが「iPhone 3G」で通話中に切れる問題を修正するソフトを開発中のようです。

幸いぼくは通話中に切れたことはないのですが、電話が切れるってのは大問題です。電話として。

Appleのディスカッションフォーラムには、ユーザーから受信状態の悪さや通話の途切れについての苦情が数百件寄せられている。

そうなんですよ。切れる/切れない以前に、電波が入らないのですよ。

同じ場所で、ワイフのソフトバンク端末はバリバリなのに「iPhone」は「(´・ω・`)ショボーン」ていう状況がけっこうあるのです。

ウィルコムからの乗り換えで、携帯電話だったらもっといろんな場所で電波が入るだろうと思っていたので、ちょっとガッカリしているところです。

電波の受信感度というのは、ソフトウェアで改善されるものなのでしょうか? 是非ともなんとかして欲しいところですが。

ちなみに、バッテリの持ちに関してはWiFiをオフにしているとなかなか良い感じです。

自宅と仕事場くらいでしか使わないし、3Gのスピードがあればそれなりに使えてしまうので、常時オフにして使っています。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。

■関連記事

「iPhone 3G」ネットワーク環境問題、高まる不満の声にアップル側は沈黙

利用者は次のように話している。iPhone 3Gは移動していない状態でさえ、3GネットワークとEDGEネットワークとが切り替わる。また、3Gの電波が強い環境を移動中にもかかわらず、通話の途中で受信状態が失われる。