笑っちゃうほど何もないシンプルカメラ、ピントの合う範囲が独特──「iPhone 3G」という記事より。

世間ではiPhone 3Gのカメラ機能はおまけだとか、しょぼいという評価がある。確かにスペックは「普及型ケータイ」なみ。機能を考えるとそれ以下かも。でもケータイカメラとしては、機能がしっかりしていても操作が複雑で反応も遅いなどで気軽に使えないようでは意味がないし、撮った後も楽しく使えないとつまらない。そう考えると、iPhoneのカメラ機能もなかなかいけるところもある。

「iPhone」のカメラ機能にピントを合わせた記事です。

確かにしょぼいのはしょぼいのですが、時折、味のある写真が撮れたりして重宝しています。

ちょっとした外出時の撮影は、デジカメを持たなくても「iPhone」で事足りるようになったのが、個人的には嬉しいです。

ただ、まだカメラ特性を十分に理解しているところまで行ってなくて、けっこうピントを外してしまうことが多いのですね。

で、この記事を読んだら、

使ってみた感じでは得意な撮影距離は50センチ~2メートルくらい。大目に見て、30センチ~3メートルくらいという感じだろうか。

というくらいの感覚だそうです。あまり近過ぎてもダメ、離れすぎてもダメということでしょうか。

……たぶんわざとそうしている。狙いは「ポートレート」。人物を撮る距離でピントが合うように設計したと思われる。

ということなのでしょうね。納得です。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。