スポンサードリンク

「iPhone」でマクロ撮影する方法

スポンサードリンク

iPhoneでマクロ撮影してみるという記事より。

最初はメモカメラとして素晴らしいと思ったiPhoneだが、使っていく内に問題が。そもそもカメラ性能が低く、おまけレベルなのは分かっていたのだが、何しろ被写体へピントが合わないのだ。

スポンサードリンク

そうなんですよねぇ。風景やスナップ写真などを撮影する分には気にならないのですが、モノ撮りをしようと思うと、ピントが合わずに厳しいことになります。

そこで記事では、ケータイカメラ用に販売されていた外付けマクロレンズ「ケンコー カメラ付き携帯用 おもしろれんず 寄って寄って撮れる」を試しています。

ケンコー カメラ付き携帯用 おもしろれんず 寄って寄って撮れる MPL-PX 086160

ケンコー カメラ付き携帯用 おもしろれんず 寄って寄って撮れる MPL-PX 086160

ところがこれが、どうもマクロ過ぎてしまって、名刺サイズでもピントが合わずにメールマガジンくらいまで寄らないといけないらしいです。

こうしたオプションを後付けするのでも構わないので、もう少しマクロ撮影が得意になってくれると嬉しいです。

↓こんなワイドマクロレンズはどうでしょうか?

上海問屋 携帯電話用 ワイドマクロレンズ DN-MCL20

上海問屋 携帯電話用 ワイドマクロレンズ DN-MCL20

トダ精光 ケ-タイレンズ K-701 WIDE0.5倍 アルミミウム製 シルバー

トダ精光 ケ-タイレンズ K-701 WIDE0.5倍 アルミミウム製 シルバー

トダ精光 ケ-タイレンズ K-038 SUPERWIDE0.38倍 アルミミウム製 シルバー

トダ精光 ケ-タイレンズ K-038 SUPERWIDE0.38倍 アルミミウム製 シルバー

撮影時に手で押さえるには0.38倍くらいが丁度良いかと思ったのですが、使っている人のレポートを見ると、0.5倍くらいの方が良さそうですね。

#Apple Storeで「iPhoneストア」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。

スポンサードリンク

前へ

「炭火焼肉たむら名古屋店」営業再開

次へ

J1、平均観客動員数がプロ野球を上回る