iPhoneネットで15万円…2日目も早朝から行列という記事より。

ソフトバンクモバイルは初期入荷の台数や11日の販売台数について公表していないが、少なくとも5万台が用意されたとみられ、初日販売分はほぼ完売状態だったようだ。

なんでも初日の販売台数は3,000台という噂を聞いたのですが、初期入荷台数としては5万台が用意された‥‥と報じられていました。

この内、いったい何台がこの週末に売れているのでしょうね。

発売初日も、都心でなければ比較的、購入しやすかったみたいなので、爆発的に売れているのかそうでないのか、よく分かりません。

確認したところ既にありませんでしたが、

ネットオークションにも出品されており、中には実質販売価格3万4560円の16ギガ版が15万円で出品されているものも。さすがに12日朝の時点で入札者はいないが、別の16ギガ版の出品では7万円台で入札されている。購入権利付きの予約券も出品された。

早速、オークションにも登場していたみたいです。

全国で一斉発売!iPhone在庫薄に不満の声という記事もありました。

一部の店では来店者が殺到、購入希望者数に比べて在庫数が少なく不満の声が上がっていた。

はっきりと出荷台数を示してくれれば良いのですが、それがなく数時間、並んでしまっていたりするとつらいものがありますね。

結局、予約を受け付けずにいたのは、iPhone商戦の光と陰 予約認めず行列演出?という記事にあるように、行列を作るためだったのでしょうね。

一部店舗では、いったん受け付けた予約を取り消し、客と押し問答になるトラブルも。通信業界関係者は「行列を作らせ、ブームを演出しているとしか考えられない」と、顧客軽視の姿勢を批判した。

Appleが予約受付を認めなかった、と。予約受付をしていたら、このフィーバーっぷりはなかったかも。

まあお祭りですから、楽しめる人が乗っかっていったと。ただ、情報が錯綜して混乱があったのも確かではないかと思います。

業界筋では、7〜9月期にソフトバンクが40万台を確保したと見られています。しかし、年内100万台を目指していたので「少ない印象」というアナリストも。

#Apple Storeで「iPhone 3G」を見る
#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。

■関連記事

iPhoneが携帯市場破綻?年120万台販売予測も

アナリストの間では年間100万-120万台との予測も。「50万台売れれば大ヒット」(業界関係者)という最近の国内ケータイ市場では、異例の売れ行きとなりそうだ。

一番乗り!! iPhone手にして「いいっすね」

「実は、最初に並んでいたワケじゃないですけどね。僕は4番目だったんだけど、契約第1号になっちゃいました」

上戸彩でもiPhone手に入らない!?

「説明書を読んでないのに使えちゃう。ボタンがないのが不思議でしょうがない」

iPhone、米国でも行列…売り切れも

ニューヨーク・マンハッタンの米通信大手AT&Tの販売店では、100人以上が並び、午前8時の発売直後に売り切れた。

iPhone日本上陸、携帯革命起きる!?

別の量販店は「パソコンから動画や音楽を取り込めるのが特徴。ただ、パソコンがなければタダの携帯」と説明。電気街の男子学生(19)は「iPodがあれば、アイフォーンはいらないでしょ」と冷静だった。