iPhone 8Gバイトモデルは実質2万3000円 ホワイトプラン適用、パケット定額5985円という記事より。

ソフトバンクモバイルは6月23日、「iPhone 3G」の料金プランを発表した。基本使用料は月額980円の「ホワイトプラン(i)」を適用し、パケット定額を月額5985円で提供する。8Gバイトモデルはユーザー実質負担額が2万3040円。

「iPhone」の日本発売開始まで2週間を切りましたが、端末料金、料金体系が数日前に発表されていました。

気になる端末料金は、新規契約・新スーパーボーナス(24回分割払い)で購入するは愛に、

・8GB 23,040円
・16GB 34,560円

となりました。妥当な線というか、安くもなく高くもなく、といったところでしょうか。

さらに気になる料金体系ですが、以下のようになっています。

ホワイトプラン(i)に加入した場合、月額料金のイメージは、980円+5985円と、加入必須のS!ベーシックパック(i)315円の合計7280円。

こちらも「パケット定額フル」が月額5,985円となっており、やはり妥当なところでしょうか。

安くはないですが、高すぎるということもなく、微妙なところを落としどころにしていると思いました。

ホワイトプラン(i)は、

・受信通知付きメールサービス「Eメール(i)」
・「i.softbank.jp」メールアドレス

が利用可能となります。

「iPhone」を欲しかった人は、もちろん手を出しやすい価格帯となっていますので、うまい価格設定になっているのではないでしょうか。

【iPhone料金を斬る!】ひと月7280円は高くない!? 月額料金と注意事項を検証するという記事によると、

iPhone 3Gの月額料金で注意したいことが、もう1つある。それは、ホワイトプランでの「ただともメール」の対象にはならないことだ。

ということで「iPhone」ユーザはパケット定額なのでメール送信に追加料金はかかりませんが、他の機種から「iPhone」宛に送信すると「ただともメール」利用者であってもパケット料金が発生するということです。なるほど。

#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。

Apple Store(Japan)

■関連記事

「iPhone 3G」は実質2万3040円から──月額5985円のデータ定額プランも新設

留守番電話などのオプションをセットにした「基本オプションパック(i)」(月額498円)も用意する。