iPhoneの実質価格「2〜3万円に」 孫社長が表明という記事より。

ソフトバンクモバイルの孫正義社長は13日、7月11日に発売する米アップルの携帯電話「iPhone(アイフォーン)」の価格について、割賦と割引を利用した場合の実質的な負担額を2万〜3万円とする考えを明らかにした。

価格を知らないままに「iPhone」を予約している人も少なくないみたいですが、ソフトバンクの孫社長が、実質的な価格を2〜3万円にする考えを明らかにしたそうです。

「購入者の実質負担が、米国と同じぐらいになるようにしたい」

2万円くらいと言いながら、19,800円と29,800円という値ごろ感のある価格でわれわれをびっくりさせてくれるのではないかと期待しています。

本体価格は今月中に発表したいという意向ということですが、7月11日に発売ですからね。よろしくお願いします。

なお料金プランに関しては既報の通り「(夜間を除く自社間通話が無料の)ホワイトプランを一部変えて適用する方向」ということです。

こちらもサプライズを期待したいですね。

#ネタフル「iPhoneカテゴリー」もどうぞ。

Apple Store(Japan)