あ、タイトルは大仰ですけど、そんなに大した話じゃないですよ。自分のモバイル環境がどう変わるか、を夢想してみたのです。

2008-06-10_1212.png

現在、普段使いで持ち歩いているモバイル系ガジェット。

1. アドエス(W-ZERO3)
2. EMONSTER
3. iPod touch
4. MacBook Air → カバンの中
5. Caplio GX100 → カバンの中

これが「iPhone」導入でどう変わるかというと‥‥

1. iPhone
2. EMONSTER
3. MacBook Air → カバンの中
4. Caplio GX100 → カバンの中

一つ減りましたね(アドエス + iPod touch → iPhone)。

「iPhone」のカメラ性能はなかなか良いらしいので、もしかすると「Caplio GX100」の出番も減るかも?

1. iPhone

特にカバンを持たずに外出する時は「iPhone」だけになって身軽になりそうです。

「EMONSTER」が必要ないような気もしますが、決してそんなことはなく。WiFiRouterとしてネット接続環境に専念することになります。

もしくは、バッテリの持ちやカバンから出す手間を考えると、基本はBluetooth経由が良いかもしれません。

いずれにせよ長時間の外出時には、マシン本体のバッテリを使用するUSBタイプよりも「EMONSTER」が安心です。

1. iPhone
2. EMONSTER → カバンの中
3. MacBook Air → カバンの中
4. Caplio GX100 → カバンの中

これでモバイル系ガジェットがかーなーり、スッキリです!

ということで「iPhone」の発売により、ウィルコムからソフトバンクに"Switch"することになります。

思えば、ボーダフォンからウィルコムに乗り換えたのは2005年の秋も深まった頃でした。

ウィルコムストアで全く購入することができずに徹夜したり、買えるはずが買えなかったり、なんだかいろいろあったのも本当にいい思い出です。

その後[es]そしてアドエスと機種変更して、ウィルコム魂を貫いてきました。

しかし、やはり泣く子とスピードとあの端末の魅力の前には抗しがたいものがあり‥‥。

「EMONSTER」に出会いそして今、日本でも「iPhone」の発売が1ヶ月後に迫っています。

それはつまり、ぼくとウィルコムとの別れを意味しています。

もっと長く一緒に過ごしてきたと思ったけれど、振り返れば約2年半の付き合いでした。

スマートフォンの魅力を教えてくれてありがとう、ウィルコム。とてもとても楽しい時間でした。

ぼくは2008年7月11日に、新たな一歩を踏み出したいと思います。「iPhone」と共に。