iPhone 3G「ホワイトプランにするつもり」・ソフトバンク孫社長という記事より。

イベントには4日にiPhone獲得を発表したソフトバンクモバイルの孫正義社長も来賓として顔をみせた。会場内で孫社長に話を聞いた。

WWDCにはソフトバンクの孫社長もおり、インタビューに答えています。

獲得交渉は、2年半前に最初のコンタクトをしたということです。早くからソフトバンクに決まっていたのかという質問には「いやいや。余裕ではなかったですよ」と。

気になる端末価格にはついては、

「割賦販売の実質価格で、お客さんが手にする価格になります」

としています。

2008-06-10_1105.png

さらに料金プランについては「基本的にはホワイトプランにするつもりです」としつつ、データ通信は「スマートフォン料金プランを適用する準備をしています」と応えています。

通話はほとんどしないと思うのでホワイトプラン(980円)で良いのですが、やはり気になるのはデータ通信の料金です。できるだけ低額の定額にしてもらえると嬉しいのですが‥‥。

ソフトバンクと契約で「iPhone」の料金体系はどうなる?というエントリーを書いたときに「5,000円だったら乗り換える」という人が多かったですね。

さすがに5,000円は厳しいと思いますが、それに近い数字だとユーザ獲得にも大きく繋がるのでは、と思います。

2008-06-10_1105-1.png

目標台数について聞かれ、以下のように答えています。

「やってみないとわからないが、見ればすばらしい端末だとわかります。従来のケータイとは違う体験ができる。まるでPCの世界が手のひらにやってくる。すばらしいミュージックマシンであり、ゲームマシンである。いままで楽しんでいたゲームとは全然違う世界。全く新しい市場が構築されるのではないでしょうか」

前にも書きましたが、携帯電話以上PC未満の端末ですから「iPhone」があればPCでなくとも十分、という人もけっこう出てくるのではないでしょうか。

自宅でWiFi、出先で3G、どこでも高速にウェブがブラウズできてGPSで地図が検索できて‥‥夢のような端末です。

■関連エントリー

「iPhone G3」みんなが待っていたiPhone
Apple Storeに「iPhone」が登場!
WWDC2008速報「iPhone」日本は7月11日に発売!!