Life is beautiful: iPhoneがなぜそれほどまでに「革命的」なのかというエントリーより。

私がAppleとAT&Tの提携発表で一番驚かされたのは、その料金体系であった。パソコン並にネットワークを使うiPhone向けの使い放題プランが月々わずか20ドルというのは、本当に破壊的な価格である。この価格故にiPhoneは非常に魅力的なデバイスとなっているし、これだけ普及している。

中島さんが、ソフトバンクが契約にこぎつけた「iPhone」の料金体系を予測しています。

ずばり!

「担当者にプレッシャーを与える意味でも」と前置きしつつ‥‥

ソフトバンクが、そこそこの通話時間とパソコン並みの本当のデータ使い放題プランを組み合わせた「iPhoneプラン」を8000円ポッキリぐらいで提供する

と予想しています。

ぼくはウィルコムな上にほとんど電話かけないので実感がわかないのですが、携帯電話を使っている人は毎月、8,000円くらいは使っているものなのですか?

ウィルコム + イーモバイル

で10,000円くらいを支払っている感じなのですが、もしこれが、

iPhone(ソフトバンク) + イーモバイル

になったとして、13,000円くらいになっちゃって1万円越えすると、またイメージも違います。それでも買うと思いますけどね。新し物好きなので。

とはいえ、アメリカの料金体系とほぼ同じだとソフトバンクがやる意味がないというか、ソフトバンクらしさがないというか、やっぱりここは一つ、派手に驚かせて欲しいものです。

おサイフケータイに魅力を感じている日本の携帯電話ユーザが「よーし、もう1台買っちゃうよー」くらいの価格設定を期待したいのです。

ということで、ソフトバンクの担当者にプレッシャーをかける意味でも、ずばり!

5,000円くらいでお願いします。

iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり

iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり