米Apple、iPhoneとiPod touchのSDKを公開という記事より。

米Appleは6日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touchのSDK(Software Development Kit)を含む開発者向けのiPhoneベータ版ソフトウェア「2.0」を公開した。

ついにAppleから「iPhone」そして「iPod touch」でサードパーティー製アプリケーションの開発が可能となるSDK(Software Development Kit)を含む「iPhone 2.0」が発表されました。

どれだけこの時を待ったことか!

と期待していたのですが、正式な公開は6月と少し先だそうです。

また「Microsoft Exchange ActiveSync」もサポートし、プッシュメールなどに対応します。よりビジネス対応です。

「iPhone 2.0」のリリースは6月に決定 - 開発キットβ版の配布も開始によると、

iTunes Storeと似た手順でアプリケーションを検索 / 購入できるこのサービスでは、開発者が自由に価格を設定、うち30%はAppleに徴収されるものの、クレジットカードの手数料やホスティング費用を別途支払う必要がない。

ということで、開発したアプリケーションはiTunes Storeのような「APP Store」を通じて販売することも可能になるとのこと。

iPod touchについても同等のソフトウェアアップデートが実施されるが、iPhoneとは会計上別製品という理由により、有償アップデータの形で提供される予定。

また有償か!

ということで、早く「iPhone」が発表されないかな〜、と思っているのですが。

来るべき「iPhone 2.0」を読み解くによれば、正式に「iPhone OS」という呼び名に決まったみたいです。

iPhone OSは「Core OS」と「Core Services」、「Media」と「Cocoa Touch」という4層のレイヤーによって構成され、そのうちCocoa Touchは、キーボードとマウスの使用を前提としていた(Mac OS Xの)Cocoaをマルチタッチ技術を使用するiPhone OS向けに改良したもの。そ

■関連記事

米AppleがiPhone 2.0ベータ版公開、SDKも用意し一大プラットフォームへ

iPhone 2.0ソフトウェアには、iPhone専用ソフトをダウンロードするための「App Store」が内蔵されている。ユーザーはここからたくさんのソフトウェアをブラウズして購入し、無線でダウンロード、インストールすることができる。

「iPhone」「iPod touch」アプリ開発企業を支援--「iFund」が設立される

Doerr氏は、「われわれは今、第3の強力なプラットフォームの創造という歴史を目の当たりにしている」とMacやiPodを例に出しながら述べた。「それはPCを超えるものだ」

大手VCのKPCB、iPhoneアプリ開発限定の1億ドルファンドを発表

iFundはKPCBによって運用され、iPhoneとiPod Touchのプラットフォームの可能性を広げるアイディアや製品を開発する企業に向けて投資される。