「iPhone」は、日本に上陸するか?という記事より。

高いブランド力とアメリカ・ヨーロッパでの実績を武器にしたiPhoneが日本で発売されれば、国内市場に与える影響は絶大。2008年は、「iPhoneがついに日本市場に上陸する?」が、熱い注目を集めそうです。

2008年にも日本に登場しそうな「iPhone」をざっくりとまとめた記事です。

よく言われることですが「日本人には機能的にイマイチ?」というあたりも触れられています。

イマイチな理由として、

・ちょっと大きめ
・GPSがない
・おサイフケータイがない
・ワンセグがない
・価格が高め

などの理由が挙げられています。

そもそも価格が高いので、Apple好きとか、iPodと一緒になっていて持ち運びに便利だとか、そういう人しか買わないんじゃないかな、と思っています。

GPSが搭載される可能性は高いですが、おサイフケータイとワンセグは難しそうですし。

個人的には、財布はポケットにあるので十分だし、テレビもあまり見ないので問題はないのですが。慣れている人には物足りないでしょうね。

それ以上にぼくは、新しい操作性、Safariのブラウズや様々なアプリケーション、そして何より小さいボディにMac OS Xが入っているのに魅力を感じています。

あ、ますます誰も買わなそうですね。

慣れたOSの操作感で、Macと連携していろいろできるという安心感も大きいですね。もちろんMacを知らなくても直感的に操作できるので、もしかして年配のユーザにも好まれたりして?