iPhone結果を出す―ブラウザ・シェアでWindows Mobileを抜くというエントリーより。

Net Applicationsの統計によると、iPhoneはウェブを閲覧するブラウザのシェアとして0.09%を記録している。小さな数字に見えるが、Windows CEの0.06%というシェアと比較すると驚くべきものがある。

140万台を売った「iPhone」が、2,000万台近く売れているWindows Mobile搭載端末を超える、ブラウザシェアを獲得したそうです。

「iPhone」でブラウズしている人がいかに多いか、を表す数字と言えます。

Nokiaは世界で何億台もの携帯を売ってきたにもかかわらず、Symbian(S60)のブラウザ・シェアはわずかに0.01%を占めるに過ぎない。

日本では「iPod touch」ですが、やはりSafariでネットサーフィンをしている人が多いのではないでしょうか?

ぼくもお休み前の2ちゃんねるブラウズは日常になりました。「touch2ch」が便利過ぎです。

指先でのスクロール、ズームイン/アウトが非常に直感的で、ウェブブラウズをしやすくしてくれていると思います。

早くでろでろ3G対応「iPhone」や。

Apple Store(Japan)