「今年の発明」にiPhone――TIME誌という記事より。

米誌TIMEは1日、恒例の「今年の発明」に、米Apple(カリフォルニア州)が発売した携帯電話端末「iPhone(アイフォン)」を選んだと発表した。

TIME誌が選ぶ「今年の発明」に「iPhone」が選ばれたというニュースです。

「携帯電話業界に多大な衝撃を与えるとともに、携帯型の情報端末への進化の始まりを告げた」とTIME誌。

まだリリースされたばかりではありますが、今後への期待は大きいですね。Googleから「Android」もリリースされたし、日本も鎖国している場合ではありませんね。

ボタンが一つのUIも本当にすごいですよ。

ぼくが使っているのは「iPod touch」ですが、指でズームしたり拡大したりするのがあまりにも使いやすくて、ついついアドエス経由でネット接続してしまいます。

そして「携帯電話端末というよりは、ひとつの新しいプラットホーム(基盤)なのだ」にも同感です。

なお去年は「YouTube」が選ばれていました。

Apple Store(Japan)

■関連記事

アップルの「iPhone」、タイム誌が選ぶ2007年の発明品に

技術系のメディアであるわれわれが、2007年を代表するハイテク製品を1つ選ぶとしても、最終選考の3つにiPhoneを入れるのは間違いなく、そしてたぶん、1位にiPhoneを選ぶことになるだろう。だが、「本年度最高の発明品」だろうか?