AT&T以外でもiPhone——17歳少年がロック解除に成功という記事より。

米ニュージャージー州グレンロックのジョージ・ホッツ君(17)は、大学入学前の最後の夏を利用して、iPhoneの「ロックを解除」してAT&Tの携帯電話サービスでしか使えない状況から開放する方法を確立した。

ただしハッキングの方法はかなり複雑で、ハンダ付けの技術とソフトウェアの両方のスキルが必要だそうです。

「これでもできる限り単純化したんだ」ということで、方法は公開されているということですが、誰でもできるというものではなさそうですね。

iPhoneをめぐっては、SIMカードから情報をコピーする方法で米国外のネットワークに対応させる別のやり方も既に存在する。

いろいろと手法が登場しているようですが、それだけ「iPhone」が心をくすぐるガジェットということなんでしょうね。

「iPhone」のウェブブラウズについて知りたい人は「iPhoneを堪能するなら、“無線LAN接続+Safari”」もどうぞ。