「アイフォン」日本国内でも関心…民間調査という記事より。

三菱総合研究所(東京)と楽天リサーチ(同)が共同で実施した携帯電話に関する調査で、米アップルが6月末に米国で発売した新型携帯電話機「iPhone(アイフォン)」に、日本国内でも、関心が集まっていることが分かった。

2,400人のネットユーザにアンケート調査を行ったところ、「iPhone」に関して以下のような回答を得たそうです。

次の機種変更に「iPhone」を選ぶか?

・かなりそう思う 5.2%
・ややそう思う 22.4%

ということで、合計27.6%だったということです。

1/4という数字ですが、単一の機種への機種変更と考えると、かなり高い数字と見られるのでしょうか。

「iPhone」認知度は70.2%というエントリーでも「ぜひ購入したいという人は1割程度」という数字を紹介しています。

ただし、

年齢別では、若年層の関心が高く、20代の男性では46.0%がアイフォンを選びたいと回答した。

20代では二人に一人が「iPhone」を選びたいという、すごい数字も出ています。

一見すると、いろいろな機能があるので、使いこなしに自信がない人からは敬遠されてしまうかもしれませんね。でも赤ちゃんでも簡単な操作はすぐにできるようになるみたいです。