スポンサードリンク

【iPhone XS/XR】「eSIM」を2枚目のSIMカードとして料金節約できる

スポンサードリンク

【iPhone XS/XR】「eSIM」を2枚目のSIMカードとして料金節約できる

「eSIM」に対応している「iPhone XS/XS Max/XR」は、2枚目として格安データ通信のSIMを契約すると、料金を抑えることができる可能性があるそうです。新型iPhoneとIIJの「eSIM」で料金大節約という記事になっていました。

利用者はメールで送られてきたQRコードをiPhoneで読み取るか、専用アプリから申し込むだけで簡単に設定でき、“2枚目のSIMカード”として使える。

スポンサードリンク

「eSIM」とは?

「eSIM」とは何か?

「iPhone XR」「iPhone XS/XS Max」はDSDS(Dual SIM Dual Stanby)対応です。2枚のSIMを使用し、両方のSIMで待ち受けすることができます。

日本で販売されるiPhoneでは、nanoSIMと「eSIM」の組み合わせとなります。

「eSIM」はリモートでiPhoneに契約者情報を書き込む技術で、対応しているキャリアの情報のみを書き込むことができます。

SIMが2枚使えることで、

・通話待ち受け
・データ通信

これらを別々のSIMに受け持たせることができます。

どうして安くなる?

例えば、日本からネットで契約できる、海外の格安携帯電話事業者のeSIMがあれば、通話は日本の大手キャリアのままで、データ通信だけそちらを使うということが可能になります。

どうやら、ここにIIJが参入しようとしているようです。

IIJは現在、料金体系の検討や申し込み用のシステム構築をどのように行うかなど詰めの作業をしているようだ。

毎月、少し足りないデータ通信分をeSIMでIIJmioを使う、みたいなことが可能になるでしょう。

ただし、SIMロック解除済みまたはSIMフリーの「iPhone XR」「iPhone XS/XS Max」が必要となります。

■iPhoneをチェック:ドコモauソフトバンクApple公式サイト

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/02/04 07:00)ミスタードーナツの競合が、実は「ニトリと百均とスマホ」であるワケ

次へ

【ジェットスター】国内線片道1,990円〜「スーパースターセール」開催中(2/6まで)