スポンサードリンク

iPhone XR/XS/XS Maxで対応する「eSIM」とは何か?

スポンサードリンク

iPhone XS/XS Maxで対応する「eSIM」とは何か?

発表された「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」の新しいハードウェアや機能の中で最も興味を持ったのは、この「eSIM」かもしれません。

「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」は通常のSIMカードスロットだけでなく、ソフトウェアで「eSIM」を使用することができます(中国版は物理SIMが2枚使える)。

スポンサードリンク

「eSIM」とは?

「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」はDSDS(Dual SIM Dual Stanby)対応となりました。2枚のSIMを使用し、両方のSIMで待ち受けすることができます。

中国で販売されるiPhoneでは物理SIMを2枚挿すことができますが、日本で販売されるiPhoneではnanoSIMと「eSIM」の組み合わせとなります。

「eSIM」はリモートでiPhoneに契約者情報を書き込む技術で、対応しているキャリアの情報のみを書き込むことができます。

SIMが2枚使えることで、

・通話待ち受け
・データ通信

これらを別々のSIMに受け持たせることができます。

海外旅行によく行く人は、普段は空いているところにトラベルSIMを挿す、といった使い方も可能です。

日本での「eSIM」の対応は?

「eSIM」を利用するにはキャリアの対応が必要になります。新iPhoneのeSIM、ソフトバンクは「対応予定」 ドコモとauは?によると、

・ソフトバンクは対応予定
・ドコモは未定
・auは現時点で決まったことはない

という対応状況のようです。

MVNO2枚挿しも色々と試せて面白いと思うのですが、残念ながら「MVNOがeSIMのサービスを提供するには、まず回線の貸し出し元であるキャリアの対応が必要」である上に、MVNOに解放しないのでは、と見られているようです。

Learn about Dual SIM with your iPhone Xs or iPhone Xs Max - Apple サポートによると、QRコードまたはキャリアのアプリを入手し「eSIM」の設定を行うようです。

「eSIM」はソフトウェアアップデートにより年内に利用できるようになります。

「eSIM」は必要か?

対応を表明しているのはソフトバンクのみのため、現時点でソフトバンク回線でiPhoneを利用している人のみが「eSIM」の恩恵を受けられる可能性があります。

ただ、それでも「eSIM」のために「iPhone XS」「iPhone XS Max」を購入する人というのは少数派かもしれません。

色々とSIMを試せるとなれば面白いと思ったのですが、現実はそうはうまくいかないようです。

■iPhoneをチェック:ドコモauソフトバンクApple公式サイト

関連記事

新iPhoneのDSDS対応に想うこと 香港版「iPhone XS Max」を買うべきか(石川温) - Engadget 日本版

結局のところ、「日本版で速度をとるか、香港版で2枚のSIMをとるか」で悩むことになっている。昨年発売されたiPhone 8では、香港版においてもApple PayでSuicaが使えることをEngadgetの記事で確認済み。

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/09/14 14:00)「ブロッキングはインターネットの破壊への第一歩」

次へ

7倍わかめでわけわかめ「わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍」わかめが好きってレベルではない