2018 01 18 1622

iPhone X」の「切り欠き」と呼ばれるノッチ部分、これが次期モデルでは小さくなるのでは、という情報が入ってきました。個人的には、そんなに嫌いなものでもなかったんですけどね。まあ、より小さい方が美しく見えるというのも確かでしょうが。アップルがiPhone Xのデザイン刷新、画面の「切り欠き」解消かという記事になっていました。

韓国の「ETNEWS」が掲載した業界筋の情報によると、アップルはサプライヤーの「LGイノテック」との取り組みで、iPhone Xの前面の“ノッチ”と呼ばれる凹型の切り欠き部分の面積を削減しようとしている。

ノッチ部分にはドットをユーザーの顔に投射するドットプロジェクターと、イルミネーター、赤外線カメラの3つがあり、フロントカメラにこのどれかを統合することで、スペースを縮小できるのだとか。

Appleは「LGイノテック」に約910億円を投資しているそうで、これは「資金はカメラモジュールの開発に向けてのものだ」とのことです。ただし、ノッチの小型化は2019年からのモデルになるようです。

それとは別に「2018年にアップルが発売する他の端末にもFace IDが搭載されることになる」ということで、もしかすると「iPhone SE2」もFace IDを期待できるのでしょうか!?

■iPhone購入・契約なら:ドコモauソフトバンクApple公式サイト