B06XW3B98M

iPhone X」の特長のひとつに、ワイヤレス充電の機能があります。専用の充電器の上に置くだけで、いちいちコードにつながなくても充電できるという機能です。iPhone以外のスマートフォンでは決して新しい技術ではないのですが、今年発売になったiPhone(8/8 Plus/X)で、ようやくワイヤレス充電の機能が搭載されたわけです。

せっかく「iPhone X」を入手したので、この新しい充電体験を味わってみることにしました。

今回、ぼく(こばやし)が購入したのはこちら。

Odge58 iphone nanami 1
「NANAMI Quick Charge 2.0」

iPhoneのワイヤレス充電方式は「Qi(チー)」と呼ばれる国際標準規格を採用しています。このため、このQi規格に対応した充電器であれば、どれでも新しいiPhoneのワイヤレス充電に使用することができます。

さっそくアマゾンで「Qi充電器」を検索してみたところ、思った以上にたくさんあって、思った以上にリーズナブルなものが多くて驚きました。

そんななかで「ベストセラー1位」だったのが「NANAMI Quick Charge 2.0」。値段も2,500円と結構安いし、スタンドタイプなので充電中のままで画面を見たり操作したりすることもできそうだと考えて購入を決めました。

さっそくオフィスのデスクに置いて使いはじめたのですが、これ、なかなかいい感じです。

Odge58 iphone nanami 2

ぼくは「iPhone X」をSpigenの「ウルトラ・ハイブリッドケース」に入れて使っているのですが、ケースのままで充電OK。しかも、まるで誂えたように横幅ぴったりなサイズです。わりと気持ちいいんですよね、こういうのって。

Odge58 iphone nanami 3

そして、スタンドが見やすい角度になっているので、仕事をしながら通知をチェックするときも、ちょっと「iPhone X」のほうを見るだけでロックが解除されて通知内容を確認することができます。いちいちiPhone Xを持ち上げたりしなくてもいいわけで、これが意外と便利です。

ミーティングや食事のために席を離れるときも、さっと「iPhone X」を取り上げるだけで移動OK。いままでみたいに一回一回コードを抜いたり差したりする手間がなくなって、地味だけどワイヤレスの便利さが味わえます。

たとえば、夜、ベッドで寝転がってiPhoneを操作するような場面だと(寝落ちすることも考慮して)充電コードを利用するほうがいいかもしれません。けど、一日のうちに長時間のデスクワークがあるような場合だと、スタンドタイプのQi充電器は結構使い勝手が良さそうですよ。

まだ使いはじめたばかりなので充電スピードはよくわかりませんが、デスクワークが多い人ならとくに困ることはないと思います。いずれにしても、それほど高価なものではないので、気軽に試してみても損はないと思います。

プロフィール

こばやしゆういち。元フリーライター。大阪出身、東京在住。IT系ベンチャーでマーケティング部門に所属。たぶん「オジ旅」のメンバー。最近「オジフル」という暇つぶしブログを始めました。特技は安請け合いです。