2017 11 07 1043

iPhone X」を操作している時に認証が必要な場面でサクッとFace IDで承認されるのはとても便利です。これはTouch IDに変わるメリットだと感じます。

AppleはFace IDはかなりの精度を誇るとしていますが、とはいえ一方で双子で認証できたといった話などもあり過信してはいけないなぁ‥‥と思っていたところに、勝手に「寝顔認証」されオンライン送金されたという記事があることを知りました。

しかもこの実験では、解錠後、中国TencentのWeChat Pay(微信支付)決済を実行、支払いできてしまったようです。実に危ないですね。

ええー! そんなことが可能なの!?

実験ではオフィスのイスで眠りこけている人に「iPhone X」を向けてFace IDで認証しているのですが、自分で実験したところだと目をつむっていると認証できにかたはず‥‥。

と思ったら、どうやらFace IDの詳細の設定で「Face IDを使用するには注視が必要」というのをオフにしているようです。

設定>Face IDとパスコード に「Face IDを使用するには注視が必要」という設定があります。

Face id unlock 0587

「あなたがiPhoneを見ていることを確認してからロックを解除します」という設定で、これをオフにすると目をつむっていてもFace IDをクリアすることを確認しました。

サングラスをかけている、つまり目が見えていない場合にはオフにしていないとFace IDが認証しないようですが、多くの場合はこの設定はオンで問題ないのではないでしょうか。デフォルトではオンになっている設定でしたし。

この設定を変更すること自体にもFace IDが必要なので勝手に変更されるということもありませんが、こういう設定があるということは覚えておいても良いかもしれません。

■iPhone購入・契約なら:ドコモauソフトバンクApple公式サイト

「iPhone X」関連記事

【iPhone X】移行・設定・注意・感想・まとめ

【iPhone X】ホームボタンに変わる新しい操作方法まとめ

【iPhone X】電源を切る方法・強制再起動する方法

【iPhone X】アプリを切り替える方法(マルチタスキング)

【iPhone X】テザリングの表示(インターネット共有)