Kumejima 4825

日刊SPA!が都内での通信品質の比較調査に続き、沖縄での電波調査を行うということで、その中の離島の一つ、久米島での調査を依頼されたので、11月某日に訪問してきました!

携えて行ったのはNTTドコモ、au、ソフトバンクのそれぞれのiPhone 5sです。スピードテストのアプリを用いて、久米島の主な観光地18カ所で調査をしてきました。

Kumejima 5009

久米島は、沖縄県の那覇空港から飛行機で30分くらいの距離にある島です。飛行機で行くことができるので交通アクセスが良く、石垣島、宮古島などと並んで人気のある離島です。夏はもちろんですが、寒い冬をのんびり温暖なリゾートで過ごしたいという人もいるのではないでしょうか。

離島に行ったらスマートフォンのことは忘れて、のーんびり過ごしたらいいんじゃないかというのも一理あるとは思うのですが、飲食店の情報を調べたり、レンタカーでカーナビ代わりにしたり、やっぱりスマートフォンが使えた方が便利なシーンは多いです。

これまでに、石垣島、多良間島、渡名喜島、与那国島といった沖縄県の離島に行ったことがありますが、ぼく自身はソフトバンクのiPhone 5を使っていますが、やはりキャリアによる電波事情は違います。3Gだったら確実に入るのか? それともLTE(4G)も問題なく使えるのか? これは実際に行ってみないと分からない部分もあります。

沖縄県は観光地なだけに、iPhoneを携えて行く人も多いことでしょう。久米島観光する人の参考になれば幸いです!

【機種】iPhone 5s(NTTドコモ、au、ソフトバンク)
【場所】久米島全域(観光地を中心に18カ所)
【日時】2013年11月19〜20日
【アプリ】RBB TODAY SPEED TEST

Kumejima 4935
左からソフトバンク/au/NTTドコモ

それでは、全調査結果をご覧ください!

2013 12 05 0955

日刊SPA!の調査結果に倣い、◎はLTE(4G)の状態でアンテナが4〜5本、△はLTE(4G)の状態でアンテナが1〜3本、後は3Gまたは圏外としました。

下り速度は3回計測した平均値を記載しています。ただし(x/3)という数字ですが、3回調査したうち、何回計測に成功したか、を表した数字で、その回数で平均値を求めている場合があります。電波は届いているものの、何らかの事情により計測が完了しない場合があったためです。

iPhone 5sからauでは800MHz帯が利用できるようになり、速いスピードで接続できるエリアの広さを謳っている訳ですが、調査地点の半数以上でLTE(4G)で接続できたという結果になりました。LTE(4G)で接続できた地点は、それぞれのキャリアで以下のようになります。

・NTTドコモ 3カ所
・au 11カ所
・ソフトバンク 0カ所

調査した感触だと、NTTドコモは市街地の一部でLTE(4G)が繋がり、auは市街地と観光地の一部でLTE(4G)が繋がるという印象です。ソフトバンクは、まだ久米島ではLTE(4G)化は始まっていないようです。

Kumejima 4936

全体的な平均スピードでも、やはりLTE(4G)が使えるエリアの広いauが圧勝でした。完全に圏外になる場所も一つもなく「地方はNTTドコモ」というイメージを持っていましたが、久米島に関してはauが最も安定感があるという結論になりました。

久米島旅行の参考になれば幸いです!

その他の沖縄県の調査は次のような記事になっています。

沖縄で最もつながる通信キャリアは?本島一周iPhone電波調査 | 日刊SPA!

【速度計測】沖縄県中部で iPhone を使ったらどのキャリアが速いのか調べてみた | ロケットニュース24