2013 09 25 1116

この手の調査は一瞬を切り取るものでして、これだけを見て全てを語ることはできない訳ですが、この手の調査も数が増えると、キャリアの傾向のようなものは見えてくるのでは、と思います。エンガジェットが「iPhone 5s」で3キャリアのスピード調査を、山手線と地方都市で実施しています。

まずは山手線編から。

iPhone 5s 通信速度テスト 3キャリア比較:山手線編。全駅でドコモ / au / ソフトバンクを比較 - Engadget Japaneseという記事です。

表を見れば一目瞭然、各エリアでの最高速度はauとソフトバンクモバイルが占めており、ドコモが最高速となったのは渋谷ハチ公前を含めた3か所のみという結果になりました。

どうしたんだドコモ‥‥と思わざるを得ませんね。安定した高速回線というイメージがあったのですが、それも崩れてしまいそうです。

2013 09 25 1119

一つだけこちらの表を引用させて頂きますが、ソフトバンクとauはどっこいどっこいで、ドコモはどうしちゃったの、という感じになっています。PING平均もソフトバンクが頑張っています。

「ドコモに関しては速度が遅すぎるため計測不可能となるケースも多く」というのは、気になるところです。

でも、ドコモは地方都市で威力を発揮するんだからね! というところもありますから、気を取り直して地方都市編を読んでみます。

iPhone 5s 通信速度テスト 3キャリア比較:地方都市編。「地方に強いドコモ」の逆襲なるか - Engadget Japaneseという記事です。

目的地である佐久平周辺に到着してもドコモの「不調」は続きます。JR佐久平駅の駅前では、時折りLTEをつかむもののすぐに3Gに切り替わってしまい、駅前のメインは3G回線でした。長野新幹線の駅としては高崎駅や長野駅、お隣の軽井沢駅ほど有名ではないかもしれませんが、それでも新幹線の停車駅である佐久平駅でNTTドコモのみ3Gでしかつながらないという結果は、「地方に強いドコモ」というイメージからすると意外な結果となりました。

3Gだとしても確実にどこでも電波が入るから、というのがドコモの売りかもしれませんが、こうして他社がLTEで高速通信できているのと比較されると、これは頑張らないといけないのでは、と思ってしまいますね。

ソフトバンクは電波のことでは相当頑張ったのが分かります。auは800MHz LTEで挽回してますし、こうなるとドコモの今後に期待ですね。

【iPhone 5s】キャリア別にスピード調査した結果という記事もあわせてどうぞ。こちらでも山手線圏内の調査が実施されています。