スポンサードリンク

親しい友だちとやり取りできるInstagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」

スポンサードリンク

親しい友だちとやり取りできるInstagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」

Instagramの親しい友だちリストの人と手軽にメッセージをやり取りできる、Instagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」がリリースされました。

FacebookメッセンジャーのInstagram版といったところでしょうか。メッセージのやり取りに特化しているので、Instagramで連絡を取り合う人には非常に便利だと思います!

スポンサードリンク

「Threads(スレッズ)」の使い方

もともとInstagramには親しい友だちとだけストーリーズをシェアするために「親しい友達リスト」という機能があります。

「Threads(スレッズ)」はその機能を利用し、親しい友だちとだけ、メッセージをやり取りするためのアプリです。

Instagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」1

アプリを起動すると「友達を選択」する画面が出てきました。もともと、ぼくはInstagramでは「親しい友達リスト」は利用していませんでした。

Instagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」2

プッシュ通知をオンにするかどうかの設定です。

Instagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」3

よくメッセージのやり取りをする人を、ホーム画面にアイコンとして表示しておくことができます。すぐにメッセージのやり取りができますね。

Instagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」4

自分が何をしているか、そのステータスを表示する機能も搭載されています。ただし、位置情報をオンにする必要があります。位置情報が高速移動していると「移動中」などと自動でステータスが表示されるのでしょうね。

これで設定が完了し、投稿画面へと移ります。

Instagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」5

写真撮影して送信することができます。

Instagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」6

メッセンジャーのメイン画面です。ここはInstagramのメッセージのやり取りと共有される部分です。逆にいうと、Instagramでやり取りしていたメッセージは「Threads(スレッズ)」でもここに表示されます。

Instagramのメッセンジャーアプリ「Threads(スレッズ)」7

これがホーム画面です。メッセージのやり取りをしたい人をタップし、メッセンジャー機能を開始します。

もちろんできることはInstagramのメッセージ機能と同じなのですが、メッセンジャーに特化しているという意味では、メッセージのやり取りをメインに使いたい場合は「Threads(スレッズ)」の方が軽いですし便利でしょう。

Instagramで予約を受け付けている東新宿のカレー屋さんなどを登録しておくと捗ると思います。

Threads from Instagram

Threads from Instagram

Instagram, Inc.無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/10/06 08:00)「自ら神のごとき口コミに迷惑」居酒屋が「食べログユーザー」を出禁に

次へ

【Kindleセール】幼女戦記、ヘテロゲニア、腐女子のつづ井さんなど10,000冊以上が対象!最大50%OFF「ニコニコカドカワ祭り2019」(10/17まで)