スポンサードリンク

「ICリーダー」Suica・PASMOなど交通系ICカードやEdy・nanaco・WAONの残高を読み取るiPhoneアプリ

スポンサードリンク

「ICリーダー」Suica・PASMOなど交通系ICカードやEdy・nanaco・WAONの残高を読み取るiPhoneアプリ

Suica・PASMOなどの交通系ICカードや、Edy・nanaco・WAONなどの残高を読み取ることができるiPhoneアプリ「ICリーダー」を試してみました。

対応する端末はiPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plusです。

スポンサードリンク

「ICリーダー」を試す

iPhoneアプリ「ICリーダー」の使い方は簡単です。アプリを起動したら「スキャン」をタップします。

「ICリーダー」Suica・PASMOなど交通系ICカードやEdy・nanaco・WAONの残高を読み取るiPhoneアプリ

「スキャンの準備ができました」と表示されるので、iPhoneの背面に読み取りたいICカードをかざします。

「ICリーダー」Suica・PASMOなど交通系ICカードやEdy・nanaco・WAONの残高を読み取るiPhoneアプリ

かざす場所はSuicaなどでタッチする本体上部です。少し待つと、カードの内容が読み取られます。

「ICリーダー」Suica・PASMOなど交通系ICカードやEdy・nanaco・WAONの残高を読み取るiPhoneアプリ

スキャンした履歴が表示されます。ぼくのEdyの残高は0円でした。

お気に入りにした内容を、CSV書き出しする機能も搭載されています。

Edyの残高を調べるのが個人的には便利

この機能は、iPhoneが「iOS 13」でNFCタグの読み書きに対応したことにより実現したものです。

個人的にはSuicaはモバイルSuicaで残高が分かるので問題なかったのですが、数枚あるEdyの残高がどうなっているのか気になっていました。届いた時点で500円がチャージされているものもあったりするので。

ぜひお試しください!

ICリーダー

ICリーダー

Shintaro Kawamura無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【何回でも】Amazonギフト券にクレカチャージでポイント0.5%プレゼント

次へ

ネタリスト(2019/10/02 06:00)ビジネス本の「コミカライズ」が出版業界の常識になった理由